カテゴリー
シャワーヘッド

シャワーヘッドの交換

シャワーヘッドの交換したことありますか?

元々備え付けられているシャワーヘッドに満足されている方はあまり交換したことがないという方が多いと思いますが、
実はシャワーヘッドの交換は簡単に出来てしまいます!

またシャワーヘッドの取外しは元々、シャワーヘッドの掃除などのために定期的に行うことが推奨されています。

今回はその一般的なシャワーヘッドの交換方法を書いていきたいと思います。

シャワーヘッドの交換手順

シャワーヘッドは基本的にくるくると回すだけで外れます。

なので交換手順としてまとめる程ではないのですが、手順としてはこうです。

  1. 替えのシャワーヘッドを用意する
  2. 元のシャワーヘッドを反時計回りに回し取り外す
  3. 替えのシャワーヘッドを時計回りに回し取り付ける
  4. 水漏れなくシャワーが出るか確認する

の大体4手順です。

替えのシャワーヘッドを用意する

替えのシャワーヘッドを用意するでは文字通り替えのシャワーヘッドを用意します。

替えのシャワーヘッドは、ご自身の希望する機能を備えたシャワーへっどを探してみるのが良いと思います。

以下の記事でシャワーヘッドの種類などについて書いているので、良かったら見てみて下さい。

シャワーヘッドについて

元のシャワーヘッドを反時計回りに回し取り外す

元のシャワーヘッドを反時計回りに回すことで簡単に取り外すことが可能です。

もしさび付いていたら、ずっと外したことがなかったものは硬くなっている可能性があります。そうした場合は無理をせず、お湯を掛けたり、ゴム手袋をはめて回したりするようにしてください。

また、取外しが出来ないシャワーヘッドもあるので、それはチェックするようにしてください。

替えのシャワーヘッドを時計回りに回し取り付ける

替えのシャワーヘッドを取り外した時とは反対方向に回すことではめることができます。

水漏れなどが無いようにしっかりと締めるようにしてください。

水漏れなくシャワーが出るか確認する

最後に水漏れなくシャワーを使えるか確認して下さい。

この時水漏れや、逆につまりなどがあると、水道の故障にもつながるので確認はしっかりと行うようにしてください。

まとめ

いかがでしょうか。

シャワーヘッドの交換方法を紹介してきました。

手順を紹介しましたが、そんな必要はないくらいに簡単です(笑)

多分ご家庭のシャワーヘッドで試してみた方がすぐにイメージが湧くと思います、掃除もかねて取り外してみて下さい。

それではまたお会いしましょう♪

カテゴリー
シャワーヘッド

シャワーヘッドのメーカーについて

シャワーヘッドのメーカーは何社くらいあると思いますか?

メーカーの種類は本当にたくさんあります。

それを一覧化してご説明したいと思います。

シャワーヘッドのメーカー一覧

それではシャワーヘッドを製造しているメーカーを紹介します。

まずは一覧として羅列していきますね。

  • カクダイ KAKUDAI
  • TOTO トートー
  • サンエイ SANEI
  • アラミック Arromic
  • MIZSEI ミズセイ
  • 三菱ケミカル MITSUBISHI CHEMICAL
  • タカギ TAKAGI
  • 田中金属製作所
  • ジェイトップユーコー
  • 東レ TORAY
  • オーラテック AURA TEC
  • アートクライム
  • オリエント ORIENT
  • MTG エムティージー
  • オムコ東日本 JUST ME ジャストミー
  • シーラス Cirrus
  • JAPAN STAR ジャパンスター
  • GROHE グローエ
  • ヴィクトリー
  • スギハラエンジニアリングズ
  • フリオン
  • ゼンケン
  • BESTY GOLD ベスティゴールド
  • ミラブル Mirable
  • プライム Prime
  • クレイツ CREATE ION
  • Good job グッドジョブ
  • 大洋技研
  • ガイズ GAIS
  • パナソニック Panasonic
  • シーガルフオー
  • オリエント ORIENT
  • フリオン
  • カクダイ GROHE グローエ
  • クマガイ電工
  • パロマ Paloma
  • マルチピュア Multi-Pure
  • 大作商事 Daisaku Shoji
  • INAX イナックス
  • ドンキーボックス DONKEY BOX
  • 富士商 FUJISHO
  • コジット COGIT
  • EIKO エイコー
  • ボンスター BONSTAR
  • ホットアルバム
  • レゾワゾ
  • ホットアルバム炭酸泉タブレット
  • リラインス
  • 鳥越樹脂工業
  • TWO トゥー BARTH バース
  • アイメディア

上の方のメーカーのものが色んな種類のシャワーヘッドを出しており、シャワーヘッドでは大手と考えてもらえればよいと思います。

それでは大手メーカーのシャワーヘッドについて簡単に特徴を書いていきますね。

カクダイ KAKUDAI

あまり聞き馴染みのない会社かもしれませんが、シャワーヘッドのメーカーとしては大手として知られています。

節水シャワーから、低水圧シャワー、手元で水を止められるストップシャワー、癒しを行うマッサージシャワー、リラックスシャワー、ふろ掃除用のお掃除シャワー、脱塩素の浄水シャワー、ラグジュアリーな高級シャワーと本当に多岐にわたって揃っています。

価格帯としては、種類によってまちまちですがお手頃価格のものが多いという印象です。

TOTO

TOTOはみんな知っている水回りの王者ですよね。

TOTOも色んなシャワーヘッドを出しています。

種類としては、節水と低刺激を両立したコンフォートウェーブシャワー、吐水に空気を混ぜて節水と気持ちよさをMIXしたエアインシャワー、低水圧でシャワーに勢いが欲しいというご家庭のための低水圧用シャワー、節水が可能なスプレーシャワーなどがあります。

名称はオリジナリティがあって、利用者目線で欲しいと思うシャワーヘッドが揃っています。

価格帯は、お手頃な者から2万円越えする高級モデルなど様々ですね。

ただみんな知っている信頼感のあるメーカーだと思います。

サンエイ SAN-EI

コチラもあまり聞き覚えの無いメーカーですかね。

サネイじゃありませんよ、サンエイと読みます(笑)

サンエイのシャワーヘッドは節水シャワーです。

ご家庭の水道料金をどうにかしたいという方におススメのシャワーヘッドメーカーですね。

価格帯は高めの全て1万円越えとなっています。

それだけ品質に自信があるということでしょう。

節水することによって水道料金は回収できると思うので、世帯人数などが多くより節約したいというご家庭にはおすすめです。

アラミック Arromic

アラミックのシャワーヘッドも、全てに節水・増圧機能が付いており、シャワーの水圧に悩みのある方に好まれているメーカーです。

その中で色々種類があり、肌が弱かったり子ども向けに適しているシルクタッチシャワーや、ヘッドの角度を自由に調節できる3Dシャワー、プロの心地よさを味わえるサロンスタイルシャワー、ビタミンCとマイナスイオンを感じられるCシャワーなどがあります。

ビタミンCをシャワーで感じられるのは面白いですよね。ビタミンCにより脱塩素の効果と頭皮に良い影響を与えることが可能で、サロンでも使われているものです。

価格帯は5,000円~1万円くらいのものがおおく、ミドル価格帯といったところでしょうか。

MIZSEI ミズセイ

ミズセイのシャワーヘッドは聞いたことがある方がいらっしゃるかもしれないですね。

2017年にグッドデザイン賞を受賞しているシャワーヘッドを開発したメーカーです。

種類としては、浄水シャワーや、節水シャワー、そして最近話題のマイクロナノバブルシャワーがラインナップとしてあります。

このマイクロナノバブルシャワーでグッドデザイン賞を受賞しています。マイクロナノバブルシャワーは汚れを落とす力が強力なだけでなく、保水や保温効果を得られるものです。

三菱ケミカル MITSUBISHI CHEMICAL

三菱ケミカルのシャワーヘッドは、浄水シャワーオンリーです。

浄水シャワーを求められている場合は、こちらを選ばれるのも良いと思います。

浄水機能はカートリッジを取り換えることで持続させることができます。カートリッジは一般的な使い方をして大体2カ月くらい使えるそうです。

価格帯としては、5,000円を超えるくらいです。

タカギ TAKAGI

タカギのシャワーヘッドは、量販店などでも売られているお買い求めやすいシャワーヘッドとなっています。

シャワーヘッドの種類としては、節水シャワーや低水圧シャワー、浄水シャワーなどがあります。

価格帯としては、1,000円以下のものから3,000円くらいまでのものがあります。

田中金属製作所

田中金属製作所のシャワーヘッドは、ボリーナというブランドで展開されており、ウルトラファインバブルが配合されたお湯が出てくるものが好評です。

価格帯としては、1万越えの割と高めになっています。

シャワーヘッド メーカーまとめ

シャワーヘッドメーカー大手の特徴を挙げてきました。

また気になるシャワーヘッドメーカーが出てきたら、また調べてみたいと思います。

是非みなさまの検討の参考にしていただければと思います。

カテゴリー
シャワーヘッド

シャワーヘッドについて

お風呂用品と言えば、シャワーヘッドだと思います。

皆さんはお風呂のシャワーヘッドの取り換えを行ったことはあるでしょうか?

実はお風呂のシャワーヘッドは交換することが出来ます。

交換することで、さまざまな効果のあるシャワーを毎日のお風呂で浴びることができます。

それで、お風呂のシャワーヘッドについて少し考えていきたいと思います。

シャワーヘッドの種類

シャワーヘッドの種類はどのくらいあると思いますか?

大きく分けて以下の3種類あります。

  • 節水シャワー
  • 浄水シャワー
  • ナノバブルシャワー

それでは一つずつ説明したいと思います。

節水シャワー

節水シャワーは、シャワーから出る水の量を減らすことで、シャワーの勢いはそのままで、水の使用量を節約するというものです。

節水の仕組みとしては2つほどあります。

一つはシャワーの吐水口の穴を少なく、もしくは狭くすることで時間あたりに排出される水の量を少なくするというものです。

簡単な仕組みなのでお手頃な価格で求められる節水シャワーはこの手のタイプが多いです。

もう一つがシャワーの水に空気を混ぜることで、水の使用量を減らすというものです。

少しイメージが付きにくいかもしれませんが、シャワーから出る水滴の中に無数の気泡を混ぜ合わせることで水の量を節約することができるというものです。

こちらは大別した3つ目の「ナノバブルシャワー」の機能のことであり、ナノバブルシャワーは節水効果もあるものがあります。

浄水シャワー

浄水シャワーはシャワーから出てくる「残留塩素」を除去してくれるものです。

水道水を殺菌するために塩素を使用しています。その塩素は浄水場で除去していますが、少し塩素が残った状態で水道を通って家庭の蛇口から出てきます。

それが「残留塩素」です!

その残留塩素を除去する機能を持ったシャワーヘッドが浄水シャワーです。

この残留塩素を除去する方法としては、「活性炭」や「ビタミンC」、「亜硫酸カルシウム」などのろ過するための素材をシャワーヘッドに組み込んでおき除去します。

この除去する素材は使ううちに効果が薄れていき、最後は効果が無くなるため、カートリッジなどを交換する必要があります。

カートリッジの交換時期は3ヶ月や5カ月、1年など物によって変わってきます。

ナノバブルシャワー

ナノバブルシャワーは先ほど少し触れましたが、シャワーから出てくる水に細かい気泡を混ぜて出すというものです。

この細かい気泡っていうのが凄いレベルで細かいです。

この細かい気泡の大きさは、ISOという国際規格団体が国際的な規格を取り決めています。

メーカーによって気泡の大きさは異なってきますが、1マイクロメートル以下の気泡を出すシャワーヘッドを出している所もあります。

1マイクロメートルというのは本当に小さくて、人の毛の太さや毛穴よりも全然小さい大きさです。この小さい気泡が毛穴やしわ・キメの間に入り込んでいき汚れを浮かせてくれて落とすことが出来ます。

そのためシャワーを浴びるだけで洗浄が進みます。

洗浄力があるだけでなく、細かい気泡が肌の深部に入っていくことで、保水効果や保温効果が得られます。

シャワーヘッドまとめ

いかがでしたでしょうか。

シャワーヘッドの種類の概要を説明してきました。

皆さんもシャワーヘッドを交換したいと思った際は、自分がどういう目的で替えたいかを考え検討いただければと思います。

それではまた更新していきますね♪